『ごろごろ』/ 平井景

2018年11月21日発売
Bright Sun's Record (BRSR-CD010)
¥2,800+税
デジパック6面(6Pブックレット、ライナーノーツ付き)

『ごろごろ』/ 平井景

ドラマー&ソング・ライターのパイオニア! 大きな転換期を迎えた平井景のリーダー3作目。

これぞ、感動と躍動のジャズ・フュージョン進化形!

ドラマーでありながら、NHK番組テーマ曲なども担当する作曲家、“信州ジャズ”のプロデューサーとしても活躍する、日本では稀有な存在の平井景。

スタジオ版としては2年ぶりの本作も、全曲にわたり、平井景による書き下ろしの意欲作。

閉塞感を吹き飛ばしたい今の時代だからこそ、<心に響くメロディ/晴れやかで爽快なリズム/パンチのあるアコースティックなサウンド>に、こだわる。


ご購入方法

1) レーベルのオンラインショップで購入する
ブライトサンズレコード社のオンラインショップでは、クレジットカード決済やコンビニ決済が利用できます。

→ブライトサンズレコードオンラインショップへ

2) 平井景が出演するライブ会場で購入する
もちろん、ご希望によりサインをお入れします。
3) 一般の店舗で購入する
アマゾン、タワーレコード、HMV、ツタヤなどでご購入いただけます。

参加ミュージシャン

Producer: 平井 景
Co-Producer,Liner-Notes: 島田奈央子
Mixing: 芹澤 薫樹
Mastering: 小鐡 徹
Cover Arts: 木虎 徹雄


収録曲

  1. To The Country
  2. ごろごろ
  3. 風雲
  4. Kodama
  5. I'm In The Street
  6. 平成音絵巻
  7. Band Wagon
  8. It's Billy!
  9. Message(→YouTubeでプロモーション映像を見る)

All songs written by Kay Hirai
Recorded on August 27, 31 & September 8, 2018 in Tokyo


ライナーノーツ(抜粋)

by 島田奈央子(音楽ライター)

過去2作品『SORA』、『Running Man』は、ヴァイオリンの音色が特徴の、クラシック要素が大きいものだったが、本作では躍動感たっぷりのクロスオーヴァー系サウンドに。ドラムの存在感はさらに大きくなり、メンバーも一新。

ワン&オンリーの音色を持つ“ドラマー”かつ、心に残るメロディを書く“作曲家”、これが音楽家・平井景の特徴と言える。あるミュージシャンが「彼は身を削って曲を書いている」と言った。さまざまな経験が、創作の糧となっているのだ。

奈良県天河神社で行った奉納ライブでは、自然の音の中でドラムを叩き、神々しい体験をした。「ごろごろ」はその帰り道に、世界遺産の山々、渓流に転がる巨大な丸い岩たちを見て、不思議なメロディを作った。

ライブでも人気の曲「風雲」は、四国・高知の怒涛の海を眺めながら、幕末の志士たちの壮絶なストーリーをオーバーラップさせて書きあげた。ドラマティックな展開は、まるで龍が天に舞い、馬が風を切って疾走するかのようだ。

大事な理解者たち、さらには父親との死別も、この作品作りへの大きなきっかけとなった。 心打つバラード「Message」は、これまでの作品を共に作ったレコーディング・エンジニア、赤川新一氏の死に直面した時に、曇り空からメロディが降りてきたという。

「出会いにも別れにも、全てに意味があるはずだ」。50歳を迎え人生の大舞台に立つ平井は、先立った人達からのメッセージを一つ一つ紐解きながら、作品作りに没頭している。


平井景 本人による楽曲コメント

To The Country
「日々の閉塞感を吹き飛ばすような、心晴れる曲が聴きたい」という母親の言葉がきっかけで、2018年に書いた曲。トンネルを突き抜けて、そうだ、旅に出よう!
ごろごろ
奈良・天川村のエメラルドグリーンの渓流。神々しい山々に囲まれ、水辺には太古の歴史を感じるダイナミックな丸い岩だらけ。ここに流れる時間は異次元だ。2017年夏、天河弁財天・能舞台での奉納演奏の帰りに作曲。青柳誠さんの、「ごろごろ」と転がっているような、絶品でユニークなピアノソロをフィーチャーしました。
風雲
激動の時代を生きた“風雲児”たちの凄まじさ。2017年、高知県へ訪れる道中の深い山々、怒涛の海を眺めて、歴史へのロマンを感じ作曲。7/8拍子で浮遊感、6/8拍子でスピード感を表現しました。ここでの光田健一さんのピアノには驚かされます
Kodama
気高い山々に囲まれた自然界をドラムで表現しました。ドラムだけで、いろんな情景を奏でるのが好きです。
I'm In The Street
故郷・奈良から上京した頃、都会の人混みには圧倒されたものです。「僕は雑踏の中にいる」「ここだよ!」という心の声を曲にしました。作曲を独学で始めたばかりの、1997年頃の初期作品です。当時、この曲を何度も演奏したトランペット高瀬龍一さんが、このアルバムで、感動的なソロを吹いてくれています。
平成音絵巻
昭和世代の我々が、平成という時代を生き抜く物語。そんな平成も終わり、新時代に突入するのですね! ライブでも大好評のこの曲が、ついにアルバムに収録されました。
Band Wagon
平井のドラムと村上聖さんのベースだけで、このアルバムのために作りました。タイトルは「ライブツアーを回る時の車」のこと。村上さんとも長年にわたり、一緒に車に乗ってたくさんツアーを回りました。メロディを前面にプッシュした曲が並ぶこのアルバムですが、ちょっと一息、なるべくメロディを控えめにしました。それが、意外にラジオやテレビ業界の方には好評だったりします。
It's Billy!
平井の若手時代、アメリカ・ナッシュビルから来日すると必ずツアーに参加させてもらったカントリーシンガーB.J.(ビリー・ジョー・クレイトン)に捧げた曲。少年のようにお道化もので、人を笑わせるのが好きな人「イッツ、ビリー!」(関西弁ではお調子者を「イチビリ」と言います)。ここでは、越田太郎丸さんのギターが大活躍。「イチビって」くれています。
Message
永遠の別れにも、きっと意味がある。それは旅立った人からの“メッセージ”。そう信じて、前を向いて歩きたい。2018年に入ってこの曲を書けたことが、アルバム制作への背中を押しました。寺地美穂さんがそんな想いを受け止めて、ソプラノ・サックスで一音一音、大切に奏でてくれました。

メイキング映像 on YouTube

『ごろごろ』メイキング映像 #6

このほか、レコーディング風景や制作過程をまとめた20本の1分動画がYouTubeで視聴可能!
→YouTube再生リストへ