『ごろごろ』/ 平井景

2018年11月21日発売
Bright Sun's Record (BRSR-CD010)
¥2,800+税
デジパック6面(6Pブックレット、ライナーノーツ付き)

『ごろごろ』/ 平井景

リーダー作としては2年ぶり、3枚目の新作が完成。

全曲、平井景の書き下ろしで、強烈に心に残るメロディ、ポップで極上のジャズ・フュージョン・サウンドを展開。


ご購入方法

1) レーベルのオンラインショップで購入する
ブライトサンズレコード社のオンラインショップでは、クレジットカード決済やコンビニ決済が利用できます。

→ブライトサンズレコードオンラインショップへ

2) 平井景が出演するライブ会場で購入する
もちろん、ご希望によりサインをお入れします。
3) 一般の店舗で購入する
アマゾン、タワーレコード、HMV、ツタヤなどでご購入いただけます。

参加ミュージシャン

Producer: 平井 景
Co-Producer,Liner-Notes: 島田奈央子
Mixing: 芹澤 薫樹
Mastering: 小鐡 徹
Cover Arts: 木虎 徹雄


収録曲

  1. To The Country
  2. ごろごろ
  3. 風雲
  4. Kodama
  5. I'm In The Street
  6. 平成音絵巻
  7. Band Wagon
  8. It's Billy!
  9. Message

All songs written by Kay Hirai


ライナーノーツ(抜粋)

by 島田奈央子(音楽ライター)

過去2作品『SORA』『Running Man』はクラシック要素が大きいものだったが、本作では躍動感たっぷりのクロスオーヴァー系サウンドに。 ドラムの存在感はさらに大きくなり、メンバーも一新。寺地美穂はソプラノサックスに楽器を絞り、素直で美しい音色にこだわった。そこへ高瀬龍一のジャジーで艶やかなトランペットが絡み、本作をいっそう極上なものにしている。青柳誠の歌心のあるピアノは唯一無二、ドラムとも見事に絡む。次々とアイディア飛び出す光田健一のピアノも天才的。同一のピアノでも奏者によって全く違って聴こえるのが面白い。ワールドミュージックのエッセンスを加え、バンドを個性的にしているのは、越田太郎丸のギター。そして、平井の作品全てのボトムになっているのが、村上聖のベース。「彼のドラムをよく聴いていれば、何を演奏すべきか、全ての道筋が見える」と話す。

ワン&オンリーの音色を持つ“ドラマー"かつ、心に残るメロディを書く“作曲家"、これが音楽家・平井景の特徴と言える。あるミュージシャンが「彼は身を削って曲を書いている」と言った。様々な経験が、創作の糧となっているのだ。