平井景 プロフィル(ロングバージョン)

平井 景(ひらい けい / Kay Hirai)
-ドラマー / 作曲家 / プロデューサー / Bright Sun's Record 主宰 -

1968年4月生まれ。大阪生まれ、奈良育ち。血液型AB。

7才より電子オルガン(ビクトロン)を始め、13才でドラムスに転向。中学時代からバンド活動を始め、5才年上のプロ志向バンドにも在籍し鍛え上げられる。

学生時代は、ロックやジャズなど、あらゆる音楽に影響を受け、ドラムスの練習に没頭する。さらに、以前からレッスンに通っていた電子オルガンのほか、ギターやベースは独学で演奏し始める。また、絵画コンクールで受賞したり、8ミリ映画を複数制作するなど、音楽や映像、モノを創ることが好きな子供であった。

県立奈良高校を卒業後、1988年、東京工業大学への進学を機に上京。在学中から東京都内を中心に、ライブ活動を始める。その頃、ジャズドラマー・久米雅之氏に師事、ジャズ・ドラミングの基礎を学ぶ。因みに、プロ活動をはじめて10年過ぎた頃の2002年には、トップドラマー・山木秀夫氏のアシスタントを思う所あって志願、多大な影響を受ける。さらに2003年、小野瀬健資・喜納昌也両氏に師事し、モーラー奏法を学んだ。

本格的にプロ活動をスタートしたのは、大学を卒業した1992年。東京を拠点に、様々なバンドやアーティストの、ライブ・コンサート、レコーディング、テレビ・ラジオ出演等の経験を重ねる。

これまで、コンテストでの受賞暦も数多く持つ。(1991年「Matsuda Urban Sound Inter College '91」準グランプリ&最優秀個人賞、1993年「第5回イムズ・ジャズバンド・コンテスト」グランプリ受賞、2000年 「横濱JAZZ PROMENADE ジャズ・コンペティション」グランプリ、市長賞、ジャズ・クラブ賞の三冠受賞など)

   ◆◆◆

1991年から現在に至るまで、音楽活動の軸となっているのがリーダー活動である。

数多くのライブ・コンサートやツアーを自身で企画し、多彩な一流ミュージシャンを率いて全国展開。その数は1000回を優に超える。特に2005年頃からは「平井景スペシャル」と銘打って、自ら書き下ろした楽曲で全プログラムを構成し、リーダー&作曲家として、自らの音楽表現に精力を注いでいる。

そのリーダー活動の例としては、以下のようなものがある。

1993年~2002年、一時代を築いた今は無き超有名ライブハウス・六本木PIT INNでは、自身が企画したライブに限っても150回におよぶ。

1991年から現在に至るまで、故郷・奈良(主に奈良学園前ホール)を中心とした凱旋コンサート・ツアーは、毎年欠かさず行っている(2020年はコロナ禍で全てキャンセル)。

1997年~2003年、奈良の歴史的名所・天川村へは、「平井景スペシャル・ジャズ・ユニット」が、7年間にわたり毎年招致された。奈良県天川村との縁はその後も続き、2017年には、天河大辨財天社(天河神社)能舞台にて奉納コンサートを実現させ、自作曲の数々を披露、地元の新聞各紙で大きく取り上げられた。

また、2001年から現在に至るまで、毎年4月に自身のバースデーライブを東京・調布GINZで開催しており、その年一回の恒例イベントも、今や20数回におよぶ。

奈良県主催の音楽イベント「ムジークフェストなら」へも招致され、2018年に奈良県手向山(たむけやま)八幡宮、2019年には奈良県壷阪寺や日本最古の神社である三輪・大神(おおみわ)神社にてコンサートを披露している(2020年はコロナ禍で全てキャンセル)。

さらに2018年の東京「渋谷音楽祭」においては、東急文化村が主催するSHIBUYA 109(エントランス前特設ステージ)でのワンマンライブを「平井景スペシャル」が務めた。その他、平井景のリーダー活動に関しては枚挙にいとまがない。

   ◆◆◆

2002年の発足当時から参加するバンドに、ピアノトリオ「秀景満」(村井秀清(Piano)、平井景(Drums)、須藤満(Bass))がある。自らの楽曲も提供。多いときには年間60回の公演を精力的にこなすなど、全国的に活動を展開。2枚のアルバム『CONTRAIL』『Garden』は、TOWER RECORD、HMVなど大手CDショップのヒットチャートに上るなど、人気を博す。

2007年~2008年、市原ひかり(Trumpet) のグループに在籍。精力的なライブ活動を全国で行う。2008年に『Joy / 市原ひかり』をポニーキャニオンからリリースし、自らの楽曲も2曲提供。NHK「トップ・ランナー」にも出演している。

   ◆◆◆

2009年、自身のオリジナル曲を収録した初CD作品、1st.アルバム『SORA / 平井景』をリリース。NAOTO(Violin)、榊原大(Piano)、村上聖(Bass)、原田芳宏(Steel Pan) を起用。CDリリース記念として、東京・原宿 QUEST HALL では、ステージやミュージシャンをカメラ5台で狙いステージ背後に投影するなど、様々な演出を試みた大々的なお披露目コンサートを開催。その他、全国20ヵ所以上におよぶリリース記念ツアーを敢行した。

このCD『SORA』のリリースを機に、新レーベル「Bright Sun's Record(ブライトサンズレコード株式会社)」を設立、代表取締役を務める。音楽、映像、コンサートやイベント、セミナーなど、様々なアートワークをプロデュースしていく母体となっている。

2011年、コンサートDVD『平井景プレミアム IN CONCERT』を発売。 NAOTO(Violin)、榊原大(Piano)、村上聖(Bass) を起用した、東京・ゆめりあホールでのコンサートの模様を収録。音楽のみならず、映像へのこだわりも強いことを世に示す。

さらに2010年から、完全にドラムスだけのソロ・ライブを行っており、ドラムスと映像とシンクロさせた、新たなアートワークにもチャレンジ。2011年、世界でも稀なドラムスだけのCD『Art Of Solo Drumming / 平井景』を、レコーディング・エンジニアの赤川新一と共同プロデュース。CDおよびハイレゾ配信でリリースした。

翌2012年には、信州3会場でのコンサートを収録した DVD&Blu-ray『Live Around The Mountain Side / 平井景スペシャル』を、赤川新一プロデュースでリリース。長野の重要文化財・旧制松本高校の講堂など、会場の選び方へのセンスを見せる。

2016年、オリジナル楽曲のスタジオ録音CDとしては二作目となる、2nd.アルバム『Running Man / 平井景』をリリース。参加メンバーは、NAOTO(Violin)、榊原大(Piano)、Andy Bevan(Sax, Flute)、村上聖(E.Bass)、納浩一(A.Bass)、柏木広樹(Cello)、さらにレコーディング・エンジニアには赤川新一を起用。リリース記念コンサートは、東京・座・高円寺2、東京・めぐろパーシモンホール、長野・まつもと市民芸術館、奈良・学園前ホール、静岡・天竜壬生ホール、福井・勝山城博物館のほか、10数カ所の全国ツアーを敢行。

さらに2018年には、オリジナル楽曲のスタジオ録音CDとしては三作目となる、3rd.アルバム『ごろごろ / 平井景』をリリース。参加メンバーに、寺地美穂(Sax)、高瀬龍一(Trumpet)、青柳誠(Piano)、光田健一(Piano)、越田太郎丸(Guitar)、村上聖(Bass) を起用。レコーディング&ミキシングは芹澤薫樹、マスタリングには小鐡徹、ジャケットの絵画は絵本作家の木虎徹雄に依頼。リリース記念のコンサートは、東京・めぐろパーシモンホール、長野・ザ・ハーモニーホールなど、10数カ所の全国ツアーを敢行。この時期のラジオ番組へのゲスト出演は、MBS「ありがとう浜村淳です」をはじめ20本に及び、また全国音楽誌「ジャズ・ジャパン」でも大きく取り上げられるなど、高い評価を得る。

   ◆◆◆

ドラマーのみならず、作曲家、プロデューサーとしても、活動は多岐に渡る。

2010年、音楽ライター・島田奈央子がプロデュースした新感覚クリスマス・アルバム、CD『Something Jazzy / アイランド・クリスマス ~冬の休日、女子ジャズ』(P-VINE) では、サウンド・プロデュースを担当。ドラムス演奏のみならず、全ての楽曲のアレンジや作曲を手がける。

島田奈央子との共同プロデュース活動は多く、絵本の読み聞かせ&歌と生バンドのコラボレーション「読み聞かせJazzy」というイベントをはじめ、2018年にはアメリカン・エキスプレス主催の「TRIP to MUSIC ~Jazzで世界を旅する夕べ~」の音楽プロデュース、ステージ運営全般を担当し、日替わりの出演者で31日間にわたり31本連続ライブを行うという音楽イベントを成功させた。

2011年~2019年、長野在住のピアニストのCD4作品『Field』『Gift』『Free Bird』『山岳幻想曲』をプロデュースし、「信州ジャズ」という新ジャンルを確立させ話題となった。さらに、トップベーシストの初リーダー作『Pleasure / 平石カツミ』(2016)のほか、山梨のシンガーソングライターのCD『Sketchbook / nanamari(八ヶ岳南麓ボッサ)』(2016)、長野の箏奏者の集大成作品『Story / 渡辺邦子』(2020)、新進気鋭ピアニスト・江本翔のデビュー作『Trial / EMO Tribe』などを手掛け、自身のレーベル Bright Sun's Record より立て続けにリリースしている。

作曲は1995年頃から独学で書き始め、1st.アルバム『SORA』をリリースする前後、2008年頃から作曲の依頼が増え始める。

2014年度のNHK(Eテレ)「テレビで外国語」の 4番組(スペイン・イタリア・フランス・ドイツ語)では、テーマ曲を作曲、音楽制作を担当。その後も、NHK(ラジオ)番組では、数多くの作曲、音楽制作を手掛けている。(「ポルトガル語入門2015」「まいにちイタリア語2015入門編」「ポルトガル語講座2016」「まいにちイタリア語(応用編)2019」「まいにちスペイン語(応用編)2019」など)

その他、野村アセット・マネジメントや日興・五大陸債券ファンドなど大手企業のプロモーションビデオ、内閣府のDVD、神奈川・寒川神社のテレビCM、テレビ番組の音楽など、様々な分野で作曲、音楽制作している。

ドラマーとして、作曲家やプロデューサーとして、朝日新聞など全国各紙の文化面、全国音楽誌、ラジオでも紹介されることが多数あり、そのアイディアの多彩ぶりが注目されている。

→これまでに発表した作品を「ディスコグラフィ」で見る

→これまでに提供した楽曲一覧を見る

平井景 平井景 平井景 平井景 平井景 平井景ドラムセット

メールでのお問い合わせ先:
mail_to_kay2019@kayhirai.com

平井景公式ウェブサイト [site-K]:
http://www.kayhirai.com/

Bright Sun's Record ウェブサイト:
http://www.brightsunsrecord.com/