平井景の音楽活動

信州ジャズ

【信州ジャズ】

「信州の風景」にこだわった音楽を発信するプロジェクト【信州ジャズ】

その美郷への感動が、目いっぱいに広がる、雄大なメロディとサウンド。

長野生まれの日本唱歌「ふるさと」「しゃぼん玉」「早春賦」「おぼろ月夜」「木曽節」「春が来た」なども取り上げ、当時の風景をふたたび現代の感覚で、斬新なジャズにアレンジ。

長野県・安曇野に在住のピアニスト・伊佐津さゆりは、生まれ育った故郷を「音」で描き続けています。その彼女のオリジナル楽曲は、親しみやすく、心に染み入ります。まさに【信州ジャズ】と呼ぶにふさわしい新しい音楽が、日本のふるさとに誕生しました。

平井景が全面プロデューサー&ドラマー、また、音楽ライターの島田奈央子が副プロデューサーを担当。

2012年、CD『Field / Sayuri Isatsu』をBright Sun's Recordからリリース。日本を代表するミュージシャンとレコーディング・スタッフにより、現地・安曇野にてレコーディングを敢行。他のジャズアルバムとは一線を画す、臨場感あふれる極上のサウンドは、幅広い層に高い評価を得ています。

ライブでの演奏も精力的に展開。2013年4月には、長野・善光寺でのコンサートを成功させ、NHK長野のテレビ番組にも生出演するなど、地元でも「新しい信州の宝」として支持を得ています。こうした動きを支えに、独特の日本の香りを持った「信州ジャズ」は、世界中で受け入れられる文化に発展するだろうと信じています。

「風景が広がる音楽」って、こういうことか ────。 ライブを観に来られた方は、透明感あふれる壮大なサウンドと、圧巻の熱いライブ・パフォーマンスに、とても驚かれています。

【信州ジャズ】

主な参加ミュージシャン:


伊佐津さゆり プロフィル

伊佐津さゆり

長野県安曇野市出身・在住。武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒。 在学中、早稲田大モダンジャズ研究会へも所属し、ジャズを始める。 クラシックは北川暁子氏、ジャズは古川初穂氏に師事。

東京都内ライブハウスでの演奏活動を経て、結婚を機に、長野県安曇野に帰郷。 現在は、信州を中心に演奏活動を行っている。「信州にジャズを広める会」代表。

自然に恵まれた信州・長野の空気感を取り入れた音楽『信州ジャズ』を 担うピアニスト&作曲家として、他のジャズピアニストとは一線を画す、 独自のセンスと才能が高く評価されている。


【信州ジャズ】のディスク情報

『Gift』 / 伊佐津さゆり

『Gift』 / 伊佐津さゆり

2014年11月23日発売
Bright Sun's Record [BRSR-CD005]
¥2,500+税

“信州ジャズ”のセカンドアルバムのテーマは、「自然からの贈り物」=Gift。 山々から流れる湧き水、澄み渡る空、虫の住むミクロな世界をモチーフにするなど、伊佐津さゆり独自のワールドを展開。

→詳細情報を見る


『Field』 / 伊佐津さゆり

『Field』 / 伊佐津さゆり

2012年12月8日発売
Bright Sun's Record [BRSR-CD004]
¥2,300+税

美郷・安曇野の大自然をこよなく愛するピアニスト・伊佐津さゆりを中心としたユニット“信州ジャズ”による1stアルバム。長野で生まれた唱歌「ふるさと」「しゃぼん玉」「早春賦」を含む、全11曲収録。

→詳細情報を見る


【信州ジャズ】Over The Mountain / 長野県松本市・浅間温泉“神宮寺”にて


【信州ジャズ】関連エッセイ